スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ②:Annapurna Circuit

そこには、ネパールでのトレッキングガイドが載っていた。

トレッキングはネパール観光のメインに位置するものらしく、歩き方の1/3はトレッキングガイドになっていたのだ。


特に目を引いたのは、ネパールきってのリゾート地ポカラ(Pokhara)から出発するアンナプルナ周辺のトレッキングルート

…今本が手元にないので細かいところは忘れてしまったが、覚えてる要点だけ書き出すと、

1、本格的な山の装備がなくても大丈夫だぜ!

2、2~3日から1週間を超えるトレッキングまであふれんばかりのバリエーションがあるぜ!

3、いたるところに宿と食堂があるぜ、治安も心配いらねーぜ!


などなど

とにかく、「トレッキングしやすいことネパール1」的なことが書いてあった。

トレッキングしやすいってことは、MTBも走りやすいってことである。
経験上。

長くて1週間ぐらいのMTBトレッキングをして、そのあとポカラで幾日か滞在して、だいたい2週間強の卒業旅行一丁上がり!

というプランがすぐに頭に浮かんできた。



ふむ、イイ感じではないか。

春休みにはもう1つ、学科の友人との海外旅行も控えていたので、あまり長くなく無難な、それでいてWFR的な旅行がよい、と最初はそう考えていた。

ところが、地図を眺めながら実際どのルートをとるか考えていると、夢は膨らんでしまうのである…



最初に魅かれたのは、内院ルートと呼ばれる、アンナプルナベースキャンプ(ABC)に行って帰ってくるルートだった。

ABCはアンナプルナの白い山々にぐるりと囲まれていて、その眺めたるや圧巻なんだとか。

かなり人気のあるコースで、宿も食事も充実しているらしい。

要する期間は1週間程度。

最高点の標高は4000メートル以上だというから、難易度としても申し分ない。



冬には雪崩の心配がある、自転車は持ち込めるのか、といったネックはあったものの、そんな心配ごとはかすんでしまうぐらい魅力的だった。

なんなら自転車はポカラの宿に預けてでも行ってこようか…


なんてことを考えながらめくった次のページに出ていたのが、





アンナプルナ・サーキット(Annapurna Circuit)





アンナプルナ連峰の周りを反時計回りにぐるりと1周。

スタートの町、ベシサハール(Besi Sahar)からゴール・ベニ(Beni)まで200キロを超える距離があり、標高は最も高いところで5000メートルオーバー!

歩くと3週間はかかる、アンナプルナ周辺では最も長いトレッキングルートである。


世界のコアなMTBerたちの間ではかなり有名なルートらしく、ネットで検索するといくつも引っかかる。

旅行会社のツアー

旅した日本人の旅行記

そしてこれはネパールで知ったのだが、なんとレースまで行われているらしい…


ということで、こちらはMTBingに関しては問題なし。

ただ、旅行の時期と期間について、よく考える必要がある。



まず、ルート上の最高点、トロン峠(Thorung La)付近ではこの時期(2月~3月)雪が降ることがあるらしく、積雪した峠を超えるのはかなり困難であること(まして自転車を担いでいては…)。



そして、おおざっぱに旅行期間を見積もると、アンナプルナ・サーキットに2週間+1週間で3週間はみなければならず、当初考えていたよりもかなり長くなってしまうこと。


ハードルは低くない。
が、不可能というわけではなさそうだ。


自分の人生最高到達標高を更新することもできる。

学生時代をMTBに乗って過ごした僕にとって、この上ない卒業旅行プランじゃないか!





それからというもの、ベッドに入って部屋を暗くすると、僕の頭の中はネパールになった。

頭の中で純白に輝くアンナプルナを、頭の中の僕が駆けまわる。


朝起きて、走って、カレーを食って寝る。


トロン峠までは上り坂である。

階段があれば担がなければならない。

高山病を避けるために、ゆっくりと進む。


峠手前の、一番標高が高い宿に泊まる。

まだ残雪がある。

道も分からない。

一緒に行ってくれるトレッカーはいるだろうか…





脳内MTBingに夢中で、なかなか寝付けない日が続いた。

まさに、「毎日が遠足の前の日」状態である。

今思うと、ちょっとした病気だったな…



しかし、自分一人で考えていても埒があかない。

この妄想を現実にするためには、まずは旅行会社に行って情報収集することが必要だ。

僕は、歩き方に載っている「ネパール旅行ならおまかせ!」な旅行会社を、出ている順番に当たってみることにした…

続く
スポンサーサイト

theme : 自転車旅行
genre : 旅行

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。